頭ん中

しがないITエンジニアが、考えた事を書きます。

キャッシュレス戦争を勝ち抜くのは誰か

なんとなく思いを馳せたので、書き留めていく。

キャッシュレスの今昔を振り返る

2001年のEdySuicaのサービスインから20年弱が過ぎ、電子マネーという仕組みはすっかり当たり前のものになった。しかし、いまだ日本では現金決済が主流で、この事実を問題視する政府主導でのキャッシュレス推進が本格化している。それに加えて、各事業者による決済プラットフォームの覇権争いも相まって、世はまさにキャッシュレス戦国時代といったところ。

少し前までは、Suica(をはじめとした交通系IC)、楽天EdynanacoWAON...といった、電子マネーと言えばFeliCaカード型のものが普通だったが、それも今は昔、PayPay、LINE Payにオリガミやメルカリといった様々な新興勢力が登場し、ここにきて戦局は一層不透明になりつつある。

ただ、よくよく考えてみると、そもそもキャッシュレスという仕組み自体は、新しいものでもなんでもない。クレジットカードなんか僕が生まれる前から存在するし、公共料金の銀行引き落としなんてのもキャッシュレスの一種である。

2000年代以降に、こういった電子マネーの仕組みが出来た裏側にはきっと相応の理由があるはずで、そこらへんを糸口にしながら、キャッシュレス戦争を勝ち抜くのは誰かを探っていく。

Suica誕生の背景と限界

電子マネーの先駆者であり、本命のSuica

  • 改札を通り抜ける一瞬で支払いを済ませたい
  • 利用者は不特定多数

このような自動改札特有の利用シーンをイメージすれば、Suicaがいかに優れた仕組みか実感できる。デポジットでばら撒いたFeliCaカードにお金をチャージさせ、改札でカードをタッチする。クレジットカードじゃこうはできない。

ただ、SuicaをはじめとしたFeliCa型の電子マネーは、優れた技術方式なのは間違いないけれど、小売の現場で普遍的に利用する支払方式としてはいささかオーバースペックすぎた。カード読取り機器に、カードの1枚1枚のコスト、またFeliCaの規格自体の管理コストもあるはず。どうしても大がかりなシステムにならざるを得ない。

東京・大阪の人間にとってSuica/ICOCA等はインフラになったが、田舎ではそうならなかった。私の地元の家族・友達に、TOICAを持ってる人なんて誰もいない。都市部ほど公共交通機関を使わないし、何より決済基盤に大がかりな投資ができる事業者が少ない。この点で、バーコード決済は導入コストに利がある。ここ最近の〇〇ペイの爆発的な普及は、これまで電子マネーのプラットフォームがFeliCaに依存しすぎていた反動とも言えるかもしれない。

クレジット不信と巻き返し

特に私の親世代くらいには、クレジットカードに対して嫌悪感を抱く層が一定数存在する。90年代、スキミング犯罪がピークに達して社会問題となり、時代遅れの磁気カードなど、クレジット業界のセキュリティ対策も後手になったことが原因だろう。2000年代に先述した電子マネーが登場・普及した背景にはこれがあると予測できる。

こんなガバガバセキュリティの反省と教訓で、クレジットカード業界でも対応は進んでいる。EVM仕様の普及に、Visaのタッチ決済や「QUICK Pay」等の非接触式の新たな手段も出てきた。そういえばキャッシュカードにデビット機能が付き出したのも2000年代以降である。

勝者の論理

90年代に覇権を取れなかったクレジットカードや、流星のごとく駆け抜けて消えた7Payのように、利用者に嫌われた仕組みは生き残ることができない。逆説的に、最もユーザーフレンドリーな仕組みが勝者になるはずだ。

キャッシュレス決済の方式整理

やはり消費者が最も気にするのは以下のような支払タイミングだと思われる。

  • 前払い(プリペイド):法的には払戻しが可能かどうかで「前払式支払手段」と「資金移動業」に区別されるが、細かくなるので割愛。「Suica」や「LINE Pay」等ほとんどはこの方式。
  • 即時払い(デビット):「Origami」や銀行のやってる「ハマPay」など。
  • 後払い(クレジット):クレジットカードや「QUICK Pay」など。公共料金の引き落としも実はこれか。

このほかに媒体や認証方式などの違いもあり、その組み合わせを考えると、キャッシュレス方式って無数にあると改めて感じる。しかし、それぞれメリット・デメリットがあり、方式の優劣だけで勝者を予想するのは無理がある。

顧客が本当に必要だったもの

消費者は疲れるはずだ。乱立するキャッシュレス決済という名の財布の管理に、ポイントキャンペーンを追いかけ、頻繁にチャージし、もしくはクレジットカードを登録してオートチャージの設定をする…。立ち返って、キャッシュレスにおける「顧客が本当に必要だったもの」は何だったのか。

政府がキャッシュレスを推進する理由は、METIのサイト1を漁ると出てくる。端的に言うと生産性向上して国力を強化しようという話。生産性向上を噛み砕いて考えれば、結局のところ、消費者・事業者ともに「楽したい」という、ただそれだけのこと。

勝ち残るのは「○○ペイ」?

プリペイドは嫌いだ

小学生の頃だったか、実家の近所のガソリンスタンドで3万円プリペイドカード(レギュラー4万円分!)のキャンペーンをやっていたことがあった。それを見た親父はホクホク顔でそのプリペイドを買ったが、その翌週、ガソリンスタンドは夜逃げ同然で潰れたのであった……。

資金決済法で一定の保証はされるものの、「前払い」なんてのは元来が事業者優位な仕組みであって、消費者にとってのメリットなんてない。Suicaの説明で書いたように、本来は電車の乗客のような不特定多数の消費者が利用するシーンでこそ「前払い」の意味がある。匿名でキャッシュレス決済をさせてもらうためにお金を事業者に預けているのである。

巷のサービスを見渡すとどうだろうか。会員サイトで個人情報を登録し、オートチャージするためにクレジットカードまで登録している。それでも「前払い」で事業者にお金を預けることに何の意味があるのだろうか。

信用の拠り所

キャッシュレスに限らず、すべての売買取引の根底にあるのは信用である。消費者の信用の拠り所は、銀行口座(給与振込口座)であり、そしてその能力を表すのがクレジットカードだ。これは昔からそうだし、今後もまず変わらない。

この点を踏まえて今までの流れを振り返ると、

  • その辺で買い物する時にまさか自分の銀行口座を教える訳にはいかないので、それをラッピングする媒体であるクレジットカードを提示することによって、自身の信用度を示す。
    • 教えてもいいよって時は、銀行口座を教えてるはずだ。公共料金の口座振替とか。
  • しかし、そのクレジットカードのセキュリティがポンコツで、持ち歩いたり小売事業者に見せるのが憚られるため、さらにそれをラッピングした電子マネーを使う。
    • もしくは信用度を示すことを諦めて、仕方なく現金で支払うのである。

生産性向上というMETIの掲げる崇高な目的を達成するため、今後はそんな多層化された金流が簡略化されて、すっきりした仕組みになるんじゃないかと思う。もっとみんなが「ラクしたい」と思えば自然とそうなるはず。

ということで、個人的な結論は、根っこに最も近いところ、簡単に信用を示すだけで売買成立する仕組み、つまりクレジットカード(をベースにした更にセキュアな支払手段)が勝者になるのではないかと。まあ、私がプリペイド嫌いなだけかもしれませんが。親父のやり切れない顔を思い出しながら。

でもやっぱりわかんないよね

現金だけでなく電子マネー(ただし「前払い」の財布の中でも「資金移動業」だけ)での給与振込が解禁されるというニュース2は、先に述べた消費者の信用の拠り所が銀行口座への給与振込であるという既成事実を覆す可能性を秘めた、結構大事な出来事なのかもしれない。

CICみたいなクレジット業界の関係機関が握っているであろう、消費者の信用情報の台帳管理も、時代と一緒に変化するはずで、きっとそこにはブロックチェーンなんかが絡むんだろう、と思うけど、もはや僕の頭じゃよくわかっていない。3


  • [2019.12.11 更新] 箇条書きだったものを推敲して文章化